父の日イメージ

時代と共に変化する母の日や父の日

両親に感謝の気持ちを伝える日として母の日と父の日があります。
私が子どもの頃には学校でも母の日と父の日はプレゼントを作成していたと言う記憶があります。
我が家には二人の子どもがいるのですが、子ども達が幼稚園に通うようになってからは、私が子どもの頃にしていたように母の日と父の日には幼稚園で何らかのプレゼント作成して帰ってきて、先生から教えてもらったのだろうと言うような感謝の言葉と共に手作りのプレゼントをもらうようになりました。
上の子が年少の時には母の日も父の日もどちらもプレゼントを作成して持って帰ってきていたのですが、年中になった年から母の日のプレゼントは以前と変わらずに作成して帰ってくるのですが、父の日については全く触れる事がなくなってしまったのです。
前年度はプレゼントがあったと言う事で、私と同じようにどうして今年はないのだろうと不思議に思った保護者の方も多くいらっしゃるようでした。
しかしやはり中には家庭の事情により、父親がいないと言うお子さんもいらっしゃったようで、そういうご家庭に対しての配慮と言う形でプレゼントの作成が行われなかったと言う話を聞いた事がありました。
両親が離婚と言う形をとった場合、幼い子どもがいるご家庭では母親が子どもを引き取るとご家庭が多いように思います。
しかしもちろん中には父親が子どもを引き取ると言うご家庭もあるのではないかと思います。
我が家の子ども達が通っていた幼稚園はあまり大きな幼稚園ではない為、年少、年中、年長全ての在園児を合わせても100名程度の幼稚園でした。
このような少人数の幼稚園の中でこれから先、もしご両親が離婚され子どもを父親が引き取っているご家庭があった場合、今度は母の日と言う行事自体をなくしてしまう事になるのだとしたら、それはそれで何だか淋しいような気持ちがします。
昔はご両親が離婚していると言うご家庭はとても少ないと感じていました。
しかし現在は離婚している事自体、あまり珍しいと感じる事がなくなってきてしまいました。
時代の変化だと感じるのですが、あまり良い変化だとは思えません。
両親に感謝を表す日も時代の変化と共になくなってしまうかもしれないと思うと少し残念に思います。

Copyright(C) 2010 father.com All Rights Reserved.