父の日イメージ

父の日の最高な出来事

私は、父の日に何が良いのか常に考えています。
父は何が欲しいのかを聞くと何でも良いと照れながら話しています。
でも、大切なイベントです。
私が考え付く限りの事をメモ帳に書きとめて、何が良いかと真剣に悩んでいます。
実は父と母は二人で旅行が趣味です。
二人で楽しめるという意味で、旅行をプレゼントを考えています。
どこに行きたいかなど、こっそりリサーチをして驚かせたいと考えています。
そして、父の喜ぶ顔を見たいと考えています。
父の日は、商品となると選ぶときにかなり迷います。
でも、趣味をプレゼントにすると、意外に喜びます。
しかも良い思い出となります。
プレゼントする側にとっては、喜ぶ顔は何よりも嬉しい気持ちになれます。
気持ち良く楽しんで貰えることが、満足感につながります。
毎日の仕事の疲れを癒して欲しいという気持ちを込めて、楽しんで欲しいものです。
そして旅行から帰宅した両親の嬉しそうな、顔を見て私は嬉しくなります。
ありがとうという言葉を聞くと、恥ずかしい気持ちと、良かったという気持ちで気持ちが満たされています。
毎日の生活は変化はありませんが、楽しい気持ちになってもらえると、プレゼントを送った私は満足感になります。
形として残すか、思い出として残すかと悩むことは多いです。
その時は、父の日に父が欲しい商品がある時はそれをプレゼントしたいと考えます。
また何が今欲しいのかを、さりげなく聞くことで、驚く顔を見て嬉しさは倍増します。
嬉しい顔を見る度に、来年度は何にしようかと考えます。
送る側、貰う側がお互いに満足できる事が一番だと思います。
すると気持ちが通じる事になるからです。
毎日の生活から離れた旅行は、今回は成功だったと感じています。
次は違う方法をと考えています。
送る側にとっては、嬉しいという言葉や表情が、伝わると私まで嬉しくなります。
家族が楽しい気持ちになれます。
家族はお互いを守りたいと考えます。
必要なことをしてあげたいと考えます。
その時の気持ちや、状況によりその都度変えて、嬉しいと思ってもらえると、何より良かったと考えています。
大したことが出来ない分、大切な日は有意義に過ごして欲しいと考えています。
その為のプレゼントです。

Copyright(C) 2010 father.com All Rights Reserved.